トライアングルプロジェクトの公募

2022年度 放射線災害・医科学研究拠点トライアングルプロジェクト 公募要項

※申請はこちらのメールアドレスまでお願いします。
 拠点本部事務局アカウントhousai@hiroshima-u.ac.jp

はじめに

本プロジェクトは,ネットワーク型拠点の特徴を活かして,放射線災害・医科学研究拠点を構成する3拠点機関のうち2以上の拠点機関に所属する研究者(教授,准教授,講師及び助教)が融合した研究チームの創出を促進し,放射線災害・医科学研究に積極的に取り組む活動を支援するために創設しました。
 放射線災害・医科学研究拠点の機関連携事業として2017年4月からプロジェクトを開始していますが,従来の3拠点機関に所属する研究者間の共同利用・共同研究に代わる制度となりますので,ご留意いただき積極的な応募をお願いします。

応募テーマ

応募するテーマ及びキーワードは次のとおりです。
なお,2022年度から,新たなテーマとして「医療放射線研究」を設定しました。

テーマ キーワード
低線量被ばく影響とリスク研究 甲状腺がん,分子疫学,放射線リスク評価・管理,動物実験系,細胞実験系,ゲノム変異,応答修復学,ゲノム医学
放射線障害医療 再生医療,放射線医療副作用・軽減,災害医療,被ばく者腫瘍,被ばく者医療
放射線災害の社会影響と放射線防護 リスクコミュニケーション,疫学,放射線防護,線量評価
医療放射線研究 医療放射線被ばくの人体影響評価,放射線診断・治療法の開発,橋渡し臨床研究

研究期間

2022年4月1日から2023年3月31日までの間

応募・採択手続

※2021年度からの継続課題についても,改めて申請が必要となりますので,ご留意願います。

(1)新規申請の場合
①仮申請
申請者は,別記様式1に必要事項を記載の上,2021年11月30日(火)までに拠点本部事務局アカウント宛てにメールで提出してください。
 2つまたは3つの拠点機関研究者が共同申請することが原則ですが,単独申請することも可能です。申請者は,それぞれ申請書を提出願います。
 また,協力者(拠点機関が属する大学に所属する他部局研究者(研究科,病院等の教授,准教授,講師及び助教)に限る。)の有無を申請書に記載願います。
②マッチング通知
申請は,テーマごとに各大学から1名選出されたコーディネーター3名によってマッチングし,その結果を拠点本部事務局から関係申請者にお知らせします。
③本申請
関係申請者は,マッチングのとおり本申請するか否かを拠点本部事務局に通知願います。
④申請書受理通知
拠点本部事務局は,受理した申請書を確認のため関係申請者に送付します。
⑤採否通知
拠点本部会議は,受理した申請書を審査し,トライアングルプロジェクトの採否を決定し,その結果は拠点本部事務局を経由して通知します。
⑥活動支援経費配分通知
トライアングルプロジェクト活動支援経費の配分については,それぞれ所属の研究所長,センター長より通知します。
(2)継続申請の場合
①申請
申請者は,別記様式1に必要事項を記載の上,2021年11月30日(火)までに拠点本部事務局アカウント宛てにメールで提出してください。
②採否通知
拠点本部会議は,受理した申請書を審査し,トライアングルプロジェクトの採否を決定し,その結果は拠点本部事務局を経由して通知します。
③活動支援経費配分通知
トライアングルプロジェクト活動支援経費の配分については,それぞれ所属の研究所長,センター長より通知します。

拠点機関研究者の変更

拠点機関研究者を変更したい場合は,別記様式2「放射線災害・医科学研究拠点トライアングルプロジェクト変更届」を当該課題の報告責任者から,拠点本部事務局アカウント宛てにメールで提出してください。
 後日,放射線災害・医科学研究拠点本部会議の審議結果をお知らせします。

留意事項

(1)単独申請は,コーディネーターのマッチングを行い,その結果を通知します。
 (2)研究開始までに倫理審査など必要な手続は,申請者各自で済ませてください。
 (3)研究終了後,報告書を提出していただきます。様式等については別途通知します。